被災地の七ヶ浜でバルーンアートをしました☆ボランティアをして得たこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

皆さんおはようございます。

と書いている今は10月20日の20時10分です。

ブログって書くの本当に大変ですよね。

書いてみて大変さがわかりました。

 

さて、今日は宮城県にバルーンアートのボランティアにいったときのことを書きます。

言っても二年前の話なんですが。。。

まず、僕はボランティアでバルーンアートはしません。

なぜなら、バルーンアートだけで生活をしている人たちがいるからです。

しかし、この時だけは自らこの場でバルーンアートのボランティア活動をしたいと思いました。

僕がボランティアをする場合、技術料はもちろん材料費も一切お金は受け取りません。お金を取るか取らないか僕の場合ははっきりしています(笑)

テレビやネットで見た凄まじい光景を見ると、自分ができることは何かと考えた時に、バルーンアートだなと思ったんですね。

 

交通手段は、豊岡市から出してもらったバスに乗り、宮城県まで行きました。

夕方に豊岡を出発して朝に仮設住宅へ到着したのですが、一番驚いた光景はこの写真です。

みやぎ

 

ベンツが走っているのに驚いたわけではありません(笑)

 

そのベンツの奥のグラウンドで子どもたちがサッカーをしているのです。

その奥見てください。

拡大してください。

わかります?

 

ショッピングセンターよりはるかに大きながれきの山があるんですよ。

そのがれきの山の前で子どもたちがサッカーをしているんです。

衝撃的でした。

仮設住宅に行ってみると、大人もこどもも笑顔で元気な様子が伺えました。

仮説住宅

(許可はとっていますが、一応軽くぼかしを入れております)

仮設住宅にある集会所では、バルーンパフォーマンスとちびっこたちに風船教室をしました。

足腰が悪く、ご自分の部屋から出ることの出来ない方には、こちらからお部屋にお伺いして目の前でバルーンを製作するなどして喜んでいただきました。

 

IMG_0592

この赤と茶色っぽいのテントですが、自分が寝泊まりする場所です。

どこかの建物に泊まれるわけではなく、こうしてテント泊をしました。

とうぜん、電気は使えません。

 

IMG_0584

この写真は、被災された方のお話を聞いています。

高齢の方が強調して言われた言葉というのは

「枕元に水の入ったペットボトルを置くこと」です。

どういうことか。

それは「被災現場には水がない」ということなんです。

普段、薬を飲んでいらっしゃる方にとっては水は重要なものです。

薬を飲みたいから水をくださいと言っても「みんな順番だからあなただけ特別ではない」と言われたそうです。

そうですよね。

みんな同じ被災している方ですから。

その辛い経験から得た教訓が枕元に水を置くことなんですね。

ボランティアとして無償で行った被災地でしたが、お金では買えない知識を得ることが出来ました。

もう少し書きたいところですが、1000文字になったので続きはまた気が向いたら書きます。
ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら