速度の出し方って難しいって知ってました?☆介護タクシー独立開業

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

皆さんは普段、自動車を運転するときは何気なく運転をされていると思います。

強いて言えば「安全運転しよう」という心がけという所でしょうか。

僕は免許を取得してから20年近く経っており、ゴールド免許になってから15年くらい経っています。

しかし、いまだに難しいなと思うことがあります。

ゴールド免許保持者のボクが運転で難しいと思うこと

それは速度の出し方です。

 

道路交通法の速度には「法定速度」「規制速度」があります。

一般道路の最高速度は60キロと道路交通法で決められています。これが「法定速度」。

道路の状況によって標識等により速度が規制されているのが「規制速度」と言います。

ここからが重要です。

規制速度って速度の出し方が難しいんです。

50kmの標識ってよく目にすると思います。

50km以下で走行しなければいけないという標識ですね。

実際に50km以下で走っていると行列ができると思いますが(笑)

その時の気分の状況や天候によって人間の速度感覚がマヒして、ついつい速度超過になりがちになってしまう。

そういったところが速度の難しい所だといえます。

夜間やトンネルはスピードメーターを上手く活用

夜間やトンネルは速度感覚がマヒします。

これは素人であってもプロであっても一緒です。

だから、昼間と同じような感じで速度を出していると、速度超過になることがあります。

その状態で事故を起こすと、死亡事故になる可能性だってあるわけです。

だから、そうならないためにも夜間やトンネルは特にスピードメーターを素早く見て判断しなければいけません。

長い直線なんかは特に気をつけた方がいいです。

音楽にも要注意!!

ノリのいい音楽をかけているとテンションが上がって来て、それでも速度があがりがちになってしまいます。

ボクが若い時に速度違反で捕まったのですが、そのときにかけていた曲がラルクアンシエルのドライバーズハイです(笑)

もうぴったりの曲ですよね(笑)

それ以来一度も速度違反で捕まったことはありませんが、本当に曲によって速度がマヒすることもあるので気をつけなければいけませんね。

今日のブログもきっとつまんないブログだったかもしれませんが、出来るだけ皆さんに何かしらの情報を提供していきたいと思っていますのでゆるーく見てやっていただければと思います。

見ていただき、ありがとうございました!!

 

 

 

 
世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!(全国介護タクシー開業サポートでも検索可能)

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら