自動車教習所に行きたくない人必見☆元鬼教官が伝える対処法

      2017/08/16


ボクは自動車教習所で教官をしていました。よく教官という言い方をされますが、正式な呼び名は、教習指導員です。

また、修了検定や卒業検定を担当する検定員もしていました。そんな仕事をしている時によく聞いたのが「教習所に行きたくないですー!!!」という教習生さんの悲痛な叫びでした。今回はそんな悲痛な叫び、悩みを解決すべく自動車教習所に行きたくない人へメッセージを伝えるためにこのブログを書いてみました。

※本文を読む前に技能教習が苦手な人向けの教習所についても書いてみましたので、読んでいただければと思います。

香住自動車教習所がすごい!コースの広さで苦手な技能教習を克服

※Facebookでも多くの人に共感を得ることができた、免許を取得する人に本気で伝えたい記事です。

車の免許を取得したからと言ってプロではない☆真の教則本はアナタのお父さん、お母さん。

【元鬼教官が教える】免許取得は通い?合宿?どっちがオススメなの?

教習所に行きたくない理由

自動車教習所は18歳くらいになると、普通車の免許を取得する為に通う自動車の学校です。とても楽しく過ごされる方もおられれば、このタイトルのように早く卒業したい、来るんじゃなかったという後悔をする方もおられます。

決して、楽しいばかりではなく、人によっては恐怖が待っているのも自動車教習所に行きたくない理由の一つだと言えます。
では行きたくない理由をこれまでボクの経験したこと、ネットでの反応などを合わせながらまとめていきたいと思います。

自動車教習所の環境になじめない

教習所に来る多くの生徒さんは、地元の方が多いです。それ故に友達同士で教習所に通う人がいます。もし、違う地域から来られた場合、「一人ぼっち」になる可能性というのはあるんですよね。最初は結構一人ぼっちの方もおられるのですが、なれてくると新しい仲間を作ることもされます。これは普通の学校生活でも一緒じゃないでしょうか。
実はボクもそのうちの一人でした。ボクが生徒として教習所に通った頃は、全く知らない人ばかりの中での教習だったのですごくアウェイ感がありました。まあ、性格上すぐになじめましたが(笑)
しかし、こういったところでなじめなくて、誰も仲間を作ることが出来ない人は少しだけ苦労する場面が出て来るんです。それが次の項目にも関係してきます。

技能教習が上手く出来ない

教習所で一番嫌なイメージがあるのが技能教習じゃないでしょうか。横には教官が乗っていて、ミスれば怒られ、動揺すればさらにミスをし、さらに怒られる。。。運転するのも怖いし、教官も怖い。すごい負の連鎖です(笑)
生徒さんからよく聞いたのは、運転が苦手ということです。特にマニュアル車を選んだ人は、半クラッチとアクセルの調和が上手くいかずにエンストの連発ということもあります。課題ではS字、クランクと言った狭路の通行、坂道発進、そして、2段階になると路上教習や方向変換、縦列駐車も出てきます。
これらが出来なさすぎて、若干ノイローゼ気味になる人だって出てきます。そして、行きたくない症候群になるわけです。これらが出来なくて影響してくるのが、次の項目です。(縦列駐車が苦手な人は下記のブログをご覧ください!)

自動車教習所で苦手な縦列駐車を成功させるオススメの駐車方法

教習所の教官が怖すぎる!!!

これって仕方ないです。だって、横に乗っている教習所の教官だって怖い思いしてますから!!!いや、少し冗談を書きました(笑)場内よりも路上に出てからの方がきつく言われることがあるかもしれません。
なぜなら、道路交通の場と言うのは、教習生の為だけではなくて、色々な方が利用をされています。それ故に、気を引き締めていき、緊張感を持たないと危険な目に遭う場合だってあるのです。まあ、気晴らしに雑談もあるでしょうが(笑)
教習生が思っている以上に教官たちは神経をとがらせています。だから、路上に出ると厳しい言葉が出るのです。
めっちゃ怒ってる
場内でも厳しい言葉を言われることがあります。例えを言うなら、方向指示器の出し忘れです。これって出来る出来ないじゃなくて、出す気があるかどうかの問題です。路上に出てから「方向指示器出すの忘れてました♪」なんていうのは通用しません。本気で危険です。それを体得してもらうためにきつく言われる時はあるでしょう。
しかし、あからさまにいきなり横柄な教官だっています。そういった教官は何か立場を勘違いされているかもしれません。最後に対処法を書いているので、それをご覧になり対処をしてもらえればと思います。

技能教習が上手く出来ない人が最初にしてみること

技能教習で上手く出来ない人は自分と同じくらいの技量だなって思った人に勇気を持って話しかけてみてください。教習所では不思議な光景がみられます。それが技能教習のレベルに応じてコミュニティが出来ることなんです。

年配の人ほど、このコミュニティが早く築ける

技能教習のレベルに応じてコミュニティが出来るんですが、学生さんより社会人、社会人の中でも40代以上の方は早くコミュニティが築けます。なぜ、早く築けるかというと、教習所は学生さんが多いイメージです。そんな中でちょっと浮いた存在である年輩の方はただでさえアウェイ感があります。さらに運転が苦手となると、かなり恥ずかしく感じてしまうようです。そうすると、一人でいるより二人の方が安心するという点から年輩の人のほうが早くグループが出来るということです。

若い人も積極的にグループを作ってしまおう!

運転が苦手な若い人も同じ教習所なら声をかけてグループを作ってしまえばいいと思います。そうして、技能教習や学科教習に対する悩み、時には教官に嫌味を言われたなら愚痴を言ってもいいじゃないでしょうか。教習所が嫌になって行きたくないようになる前に、解決出来る方法はあるわけです。

教習所に行きたくない方へ、元教習所の教官の立場からアドバイス

最初に書いたように教官の正式名称は、教習指導員です。基本的にみんなサラリーマンです。だから、特別えらい存在でもありませんし、皆さんからお金をいただいて生活をさせていただいている人たちです。いわば、普通の人たちです。そんな普通の人ですので、もし、生徒さんに嫌な態度をされたら教官もきっと嫌な思いをするでしょう。危険な目にあったら冷静さを失い、怒りに変わることもあるでしょう(笑)そんなわけで元教官からみなさんにアドバイスを伝えたいと思います。

好かれる生徒さん

好かれる生徒さんの特徴は、言われたことをきちんと聞く姿勢を持つ生徒さんです。少々、運転が出来なくてもきちんと聞く姿勢を持っていれば教官からは好印象です。むしろ、運転がすごく出来てもあまり話しを聞かない、勝手なことをする生徒さんは要注意ですね。

技能教習はお互い大変

技能教習は運転する生徒さんも横にのる教官もめっちゃ大変です。繁忙期にMT車が何時間も続けば、本当に体力が持ちません(笑)特に12月、1、2、3月は体力勝負になります。そして、路上教習になるともっと大変です。最初の方でお伝えしたように、他の車両も走行しています。そんな中で教習車だけが特別扱いしてもらえません。だから、自分が苦手だとするところは、家に帰ってからしっかりと本を読んだり、イメージトレーニングをしておくことが大切です。それが苦手な運転を克服する方法じゃないでしょうか。

数ヶ月の辛抱

教習所ってなんだかんだと数ヶ月の辛抱です。社会人になって会社という組織に入るまえのトレーニングだと思えばなんてことないです。
会社に入ると嫌な上司もいるかもしれません。
教習所なんて本当にあっという間です。教習所は数ヶ月の辛抱ですが、運転をする人は一生です。教習所にいる間の運転の責任はある程度は教官が見てくれます。しかし、卒業後、免許を取得して、自分一人で運転し出すと責任は全て自分にかかってきます。そんな不安を出来るだけ短期間で取り除くために教官たちは厳しくなることもあるのです。もう一度言いますね。数ヶ月の辛抱ですから。

自動車教習所に行きたくない時の対処法

あなたが自動車教習所に通い出しました。

あることがきっかけで行きたくないようになりました。

まず、行きたくない理由はなんですか?それによって、対処法が違ってきます。

運転技術が人よりも自信がないから教習所に行きたくない人へ。

運転って慣れです。習うより慣れろって言葉どおりです。あっ、無免許運転はダメですよ!実は自信がある人も無い人もあまり運転技術に差がない場合があります。本当に自信が無い人でも安心してください。入所してきた時の自分と比べてどうか。そのときと比べて下手になっているようなら考えましょう。でも、少しでも上達しているなら上出来です。大切なことは、逃げずに向き合うことです。もし、運転技術に自信が無い人はコメントください。アドバイスします!大丈夫です!

教官が怖くて教習所に行きたくない人へ。

前に書いたように、教官は教習指導員です。サラリーマンがほとんどです。普通の人です。だから、皆さんは恐がる必要はないんです。もし、明らかに愛想が悪かったり、指導方法が変だったら、少し様子を見て下さい。皆さんの方に全く問題がなければ、受付を通して、管理者に報告してください。全くビクビクする必要はありません。
それでも、全く変化がなければこちらにコメントいただければ対処法をお伝えします。

自動車教習所に行きたくない全ての方へメッセージ

たくさん書きましたが、教習所は人生の中で言えばあっと言う間です。でも運転免許って基本的には一生ものです。

だから、簡単に取得してもらうより、苦労して取得してもらったほうが価値があるとボクは思います。

以前、70歳の方が人生で初めて教習所に通われたことがあります。

ボクが何度も担当をさせていただいて、時には厳しく伝えたこともあります。

その方が言われました。

「70年生きてきて、こんな難しいことしたのははじめてだ。こんな緊張したことがない」

70歳の方がこんなことを言われるんです。

だから、若くして教習所に通われる皆さんはすごいことを経験されているわけです。

自動車教習所で苦労すれば、70歳まで大変なことが起きても少々のことは我慢出来ます。

もし教習所で行き詰まっても、「これを乗り越えればこれから何が来ても乗り越えれる」と思っていただいていいと思います。

ぜひ、入所されたら諦めずに最後まで頑張ってください!!

そして、さらに上を目指そうと思ったら第二種運転免許も検討してみてください!

【元鬼教官が教える】商用目的な運転に必要な第二種運転免許取得は難しいの?

 

最後に、ボクは兵庫県の香住自動車教習所で教官をしていました。社長をはじめ、先輩方に育て上げられました。

とても、アットホームで良い教習所です。先生もユニークな先生がおられます。もし、通学できる距離ならぜひ通ってみてください。免許を取得してから、運転で困っていたならいつでもアドバイスがもらえるステキな教習所です。
今回、教習所に行きたくない人への記事を書きましたが、ここの教習所ならそんな問題は起きない、起きても解決が出来る教習所です。

介護タクシー開業支援の公式ホームページはこちら!

世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ/>


The following two tabs change content below.
つよっさん

つよっさん

1976年、兵庫県豊岡市生まれ。介護タクシー「さくら搬送サービス」代表。バルーンパフォーマーとしての活動も行っており、ブライダルの演出なども手がける。現在、介護タクシーで起業したい人、起業したが事業をうまく軌道に乗せられない人向けの開業サポートも行っている。

 - つよっさんってこんな人