ゴールド免許でも事故に遭ってしまう☆事故数9回の僕が伝えること。

      2017/03/19


皆さんは交通事故に遭った事はありますか?

 

僕は自分からぶつかっていったことは一度もありませんが、相手から来てぶつかってきたことは、9回あります。

 

 

当て逃げだってあります。

 

 

今日はこんな事故に遭ったという、どうでもいい話に聞こえて、案外大切な話を書いてみようと思います。

 

最初の事故はドライブインの出口。

ちょうど20歳くらいの時だったでしょうか。

 

 

僕はドライブインで用事を済ませ、駐車場から出ようとしていました。

 

 

その時に後ろにクルマが一台、僕がすすむのを待っていました。

 

 

僕が駐車場から出ようと思ったのですが、走って来るクルマが割と速度が速かったため、出るのをやめました。

 

すると、後ろのクルマがぶつかってきました。

 

 

おかまを掘られた状態です。

 

 

きっと、僕が出ると思ったのでしょう。

 

 

それがまず一回目の事故です。

 

 

 

次に交差点で信号待ちをしていると、後ろから追突されました。

 

 

これは大きな事故にはなりませんでしたが、ぶつかってきたほうが逆切れという、そして、以前のブログにも書きましたが、留守番電話に「死ね」って入ってきました。

 

 

この言葉を聞いて、出来るだけ生き続けてやると思ったのは、言うまでもありません。

 

 

3回目は、雨の日の夕方に前から2tダンプが来て、荷台から地面に角材を落とされたのですが、その角材がバウンドしてフロントガラスとボンネットにめがけて飛んできました。

 

 

この時に乗っていた車両がデリカという少し大きめのクルマだったのですが、結構な高さまでバウンドしたことがわかります。

 

 

この車両は、そのまま走っていってしまいましたが、角材を拾い、そこら中の業者に聞いたところ、落とし主がわかり、最終的にはきちんとした対応をしていただきました。

 

 

4回目はマーケットの駐車場にクルマをとめていて、買物から帰ってきたらフロントバンパーとヘッドライトに当てられていました。

 

 

きっと工事現場で使うクルマが当てたのだと思いますが、ヘッドライトは割れて、バンパーも擦られており、ワイパー部分にいくつかの小さな砕石が落ちていました。

 

 

当て逃げをされたのですが、これは泣き寝入りすることになり、自費で修理代を払うことになったのがかなりの痛手でした。当時、アルファードに乗っており、かなり大切にしていたので精神的な苦痛も一緒に与えられたのは、今でも覚えています。

 

 

マイカーだけでなく、教習中にもありました。

 

 

僕が研修生だったときは、路側帯にクルマを停車させていると、後ろから軽トラックにぶつかってこられました。

 

見通しの良い一直線の道路だったので、速度もそれなりだったのですが、ぶつかってきた人曰く「田んぼの状態に気をとられていて、前をよく見ていなかった」と言われていました。アーメン。。。

 

 

また、教習中に駐車場で転回をするときに、道路に出るタイミングを見計らうために待っていると、後ろからショベルカーに追突されました。

 

この時の教習内容が「危険を予測した運転」というもので、あらかじめ危険を予測して運転していれば、事故は防げるといったものでした。

 

バックミラーを見て、「クルマが向かってくる!!!」「危ない!!!」「ドン!!!!」

 

危険を予測して、防ごうと思っても一方的に来られると防げない事故もあるということがよくわかりました。

 

と、まあ、こんな感じなのですが、昨夜、この文章を打って投稿をすると、ほとんど消えていたという。。。

 

 

心が折れましたが、再度書きました。

 

 

ある意味、これも事故です。

 

 

皆さんも交通事故には気をつけてくださいね!

 

 

ちなみにブログにオチをつけてみたいと思い、買った本がこれです。

最後は何のオチもありませんでしたが、これから風船を捻りにいかないといけないのでここらへんで終わりたいと思います。

 


The following two tabs change content below.
つよっさん

つよっさん

1976年、兵庫県豊岡市生まれ。介護タクシー「さくら搬送サービス」代表。バルーンパフォーマーとしての活動も行っており、ブライダルの演出なども手がける。現在、介護タクシーで起業したい人、起業したが事業をうまく軌道に乗せられない人向けの開業サポートも行っている。

 - その他