【脱サラ起業経験者が語る】サラリーマンを捨て何をしたらいいのか!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
つよっさん
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

一度の人生、男だったら一度は脱サラして起業、独立したいと考える方は多いと思います。実際のところ、僕も普通のサラリーマンでしたし、経営について特別何かが長けていたわけでもありませんでした。
運転だけで言えば、元自動車教習所の先生ですから長けていたと言えばそうかもしれませんが、単なる運転が上手なのと経営がうまくいくのはまた違います。
そんな素人の僕でしたが、夢を叶えるため、熱い思いを持って起業したのです。

とにかく脱サラしたい!

僕が中学生の頃、とりあえず貧乏でした(笑)ですから、将来は経営者になって金持ちになる!なんていう願望がありました。その思いが大人になってからも続き、なんでもいいから脱サラして起業したいと思っていました。

ちょっと考えが甘いかもしれませんが、実際のところ、僕の起業はそんな感じなんですよ。

ずっと昔から、今の仕事である介護タクシーをしたいとは思っていませんでしたし、介護タクシーという仕事を意識して2ヶ月で職場を退職しましたので、その仕事が自分に合っているかどうかなんて全く考える時間なんてほとんどありませんでした。

自分にできるかどうかなんてやってみないとわかりませんし、夢を叶えるためなら少々のリスクくらいどうにでもなるとさえ思いました。

とは言いましても、やはり考えるのはリスクです(笑)

 

僕のようにとにかく脱サラしたい!なんていう場合は、まずは参入障壁や、参入コストがかからないものから入るべきでしょう。

介護タクシーをするときにはかなりの額を使いましたが、今すぐ脱サラしたい人なら最近の流行としては、アフィリエイトやネットショップ、あとはクラウドソーシングなどがあります。

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトとは、成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく[1])、アフィリエイト・マーケティング[2]アフィニティ・プログラム[3]アソシエイト・プログラム[4]アフィリエイト・プログラム[5]とは、特にインターネットWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体ウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に客引きの成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト (affiliate)、縮めた形でアフィリアフィと呼ばれることが多い。

引用 Wikipediaより

よく、1日1時間で月100万なんてキャッチコピーが出回り、詐欺まがいだと思われがちですが、列記としたビジネスかつ、1日1時間で月100万稼ぐ人も実際にいます。

ただ、そこまでいくには、半年から数年単位の我慢の時期が必要で、成果報酬型ビジネス上、最初から収益が発生しないため、挫折する人が多いでしょう。

このアフィリエイトで成功している人は本当にすごい営業力だなと思います。商品を文章や画像だけで紹介し、購入してもらうところまで行く技術って相当なものではないでしょうか。

この仕事に関しては、伝える力を相当養う必要があるように思えます。金銭的なリスクは少ないかもしれませんが、場合によっては、人からあまりいい顔をされないかもしれないという点で敬遠されることもあります。ただ、人とコミュニケーションをはかることが苦手で、でもなんとか起業をしたいという人はこういう仕事を選択の一つにするといいと僕は思っています。

 

ネットショップ

ネットショップと言ってもいろいろなものがあります。バルーンの販売でもそうです。

ただ、最初から独自の仕入れルートを確保している人も少なく、基本的には転売というビジネスになることも。

こちらは男性と言うより、女性の起業家が多いイメージがあります。

ただ、少し前の統計ですが、利用するのは30代の男性が多いと出ています。

http://hajimeteweb.jp/news/details/140905_02.php

もし、ネットショップに興味がある方は下のサイトを参考にされてみてもいいかもしれませN。

https://thebase.in

 

クラウドソーシング

上記の2つに比べて、もっとも収益化のハードルが低いのがクラウドソーシングであると言えるでしょう。メディアの需要が高まりつつある現在、フリーライターの需要も高まり仕事がたくさんあると言えるのですが、ただ、仕事ごとの単価が低い傾向にあり、脱サラして大儲け、、、?は難しい印象です。

僕は過去にランサーズというサイトで仕事を依頼したことがあります。

起業するときに、出来るだけ経費を抑えたいということから、このサイトを使い、介護タクシーの車両に貼るステッカーをデザインしてもらい、ステッカーも作成してもらいました。

フリーライターで、簡単に収益化を考えている人向けかもしれません。

 

つよっさんがオススメする脱サラ起業

もし、僕がこれから起業するならこんなのをというのをお伝えしていきます。

参考になるのかならないのかわかりませんが、こういう発想もありかななんて思っています。

塾講師または家庭教師

塾の講師や家庭教師なんてどこにでもいますよね。では、なんであえてそれらの講師業を選ぶのか。

まず、いきなり講師にはなりません。

きちんとストーリーを作ってから、講師になります。

僕は過去の記事にも書いているように、勉強がとても苦手でした。

これまでの学生生活で勉強に関するいい思い出が一切ありません。

きっと親も苦労したことでしょう。

そんな苦労かけた僕が、大人になってから猛勉強して、講師になったら面白いと思うのです。

別にボロ儲けという発想ではなく、面白いかどうかで判断をしています。

介護タクシー

やっぱりこれなんだろうなと思います。

僕にとって介護タクシーの仕事は天職であると言えます。

最初はそんな風には感じなかったかもしれませんが、していくうちに自分には合っていると思えてきました。

きっと、僕はどんな仕事をしても天職だと思うかもしれませんが(笑)

自分が就いている仕事にたいして自信を持つことはいいことですし、そういった気持ちで経営をしていくことも大切だと思います。

介護タクシー事業で失敗する5つのパターンとは!?

さて、自分の場合だけ語ってしまいましたが、実際のところ、介護タクシーはどういった人に向いているかというと、人と接することが好きな人、運転をきちんとすることができる人、これでしょう。

少々不器用な方でも、気持ちがあれば出来ると思っています。

お金だけのことを考えている人には、向いていません。

参考程度に売り上げのことを書いた記事を載せておきますね。

【介護タクシー事業は儲かるの?】開業からの売上をご紹介

 

まとめ

ここまで書いてきましたが、昔と違いさまざまな新しい仕事が生まれてきています。

また、昔あった仕事がない仕事だってありえる時代です。

昔は電話交換手があったくらいですからね(笑)

過去の記事でも書きましたが、介護タクシーの業界だってこれから変わってくると思います。

【独立される方へ】2017年の介護タクシー業界はこうなる!

既存の仕事に縛られるより、これまでなかった仕事に視線を向けてみて、自分がチャレンジしてみたい仕事をしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

今から20年くらい前、私たちの生活の中にはまだ、介護タクシーという仕事がメインとしてありませんでした。

しかし、今の時代、必要とされる仕事となっていることには違いありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
つよっさん
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら