福井県商工会議所青年部連合会で講演☆きっかけはブログ!

      2017/05/25


こんにちは!

先日、福井県商工会議所青年部さんの総代会で講演と研修を90分ほどさせていただきました。

約60名くらいの方が参加され、大変貴重な経験をさせていただいたように思います。

さて、ここで気になった方もいるかもしれませんが、なぜ兵庫県の僕が福井県の商工会議所の方に呼ばれたのか?

僕は兵庫県の商工会の幹部でもなんでもありません。

しかし、講師として呼ばれたのです。

そのきっかけがブログなんです。

ブログで青年部の思いを書いていたら、ミラサポで依頼があった!

僕はこれまでにいろいろなことについての記事を書いています。

ここ最近は主に「介護タクシーの開業支援」の記事が多いかもしれませんが、商工会青年部のことだって書いていたりもします。

その青年部の記事を読んだ方が、とても共感してくださり、どこの組織にも所属されていなかったにも関わらず、なんと商工会議所に入会され、さらには青年部にまで入部されたのです。

人を文章で動かすのは難しいことです。

意図的にしようと思っても僕にはできません。

しかし、青年部の記事を書いたことによって、組織は違えど青年部に入部されたというのは僕にとっては、大変嬉しいことです。

さて、そんな青年部に入られた方がこの2月くらいに、ミラサポの専門家派遣で依頼をしてくださりました。

その支援も終わり、雑談の中で「今西さんが差し支えなければ、5月にある福井県の商工会議所青年部の総代会での講師を推薦させてほしい」と言われたのです。

青年部だからと言って全ての事業に参加することは無理

僕は商工会の青年部員です。

これまで、青年部活動に力を注いできたかと言えば、そうでもありません(笑)

青年部が出店、出演するイベントの事業や例会、たくさん休んでいます。

中には「今西さんって青年部のことをブログで熱く語るわりには事業に出てこないよな」と言われている人もいるでしょう。

しかし、人には色々な事情があって出れないことがあります。

僕のように多いときには、年間7つくらいの役を受けていたり、バルーンショーに出演するため青年部のイベントとかぶることだって大いにあります。

そんなことは仕方のないことであって、その代わり、自分の時間が空いているときに出来る青年部活動もあり、それも青年部活動に参加している一つであると言えます。

一番いけないのは、青年部に入部しておきながら何の反応も見せない人です。

と、、、言いながらLINEの返事をよく忘れるので、あまりきつくは言えないのですが(笑)

とりあえず自分には何ができるかということを考えて、青年部活動をすることが大切ではないでしょうか。

僕みたいにこうやって青年部のことを記事で書くのも青年部活動だと思っています。

青年部に入部することのメリット、得れるもの

今回のテーマである「青年部で得たもの」ということでしたが、僕は青年部で得た人脈を通じてスキルアップ出来たことが得たものと結論づけました。

外部講師から教えてもらったスキルではなく、単会は違えど、同じ青年部員から教えてもらってスキルでプレゼン力を得ることができたというのは僕にとって大きなメリットだと言えます。

そして、今回グループワークも進行させていただいたのですが、そのテーマの中にあった「商工会議所のメリット」について話しあっていただきました。

最終的にグループの代表者8名が意見を言ってくださり、多くの方が言っておられたこと、それが「人脈」でした。

本当にこれは大切だと思いました。

なぜなら、この人脈を作っていなかったら僕のスキルは上がっていませんでしたし、今のように話しをすることが出来なかったかもしれません。

福井県商工会議所青年部連合会会長の挨拶が良かった!

木村会長の挨拶の中に響いた言葉があり、「常に自分のキャパギリギリのところまで頑張るようにする。そうすれば、自分のスキルがもっと上がっていくと思う」。

まさに僕が意識し、行動していることです。

僕は大して力がない人間でしたが、自分のキャパギリギリを意識して色々なことをチャレンジしていくうちに少しずつ力がついてきました。

そうやって今では、人並みくらいに成長することができたのですが(笑)

今回、講演会の講師で行かせていただきましたが、やはりそこで学ぶことが出来たのも青年部の事業だからこそかもしれません。

これからも全国の青年部の人に何か伝えることが出来ればと思います。


The following two tabs change content below.
つよっさん

つよっさん

1976年、兵庫県豊岡市生まれ。介護タクシー「さくら搬送サービス」代表。バルーンパフォーマーとしての活動も行っており、ブライダルの演出なども手がける。現在、介護タクシーで起業したい人、起業したが事業をうまく軌道に乗せられない人向けの開業サポートも行っている。

 - つよっさんってこんな人