厳しかったおじいちゃんが亡くなる前に語った言葉と思い出。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

僕はこれまでに何回も色々な葬儀に参列しています。

身内で一番最初に亡くなったのは、父方の僕のおじいちゃんでした。いや、母方のおじいちゃん、おばあちゃんはボクが生まれる前にすでに亡くなっていたので、初めて亡くなるのを目の当たりにしたと言う方が適切かもしれません。

今日はその時の心情とどんなおじいちゃんだったか小学生にタイムスリップした気持ちで書いていきたいと思います。

 朝からお酒を飲んでいたおじいちゃん

小さい頃ボクは、父と母の三人で兵庫県豊岡市の高屋というところに住んでいました。

一ヶ月か二ヶ月に一度、少し離れた京丹後市峰山町にあるおじいちゃんの家に行くのがボクにとって大変楽しみであり、そんな楽しみにしているおじいちゃんの家はどんな家かというと、すごーく古い家でネコがたくさんいて、家のそこら中がボロボロな家だったんです(笑)

家のすぐ後ろが山になっていて、ちょっとした池らしいものがあり、飼っている鯉を見るのも小さい頃のボクにとっては楽しみの一つであったと思います。

そんなおじいちゃんの家に行き、朝から目にするものは「酒」です。

朝っぱらからお酒を飲んでいる姿を小学生のボクは見るのです。

朝から酒を飲んでいる癖に厳しいおじいちゃん

ボクがおじいちゃんの家に遊びに行くと必ず聞かれる事があります。

「勉強しとるか?」

一番聞かれたくないことです。

何故なら毎回ボクの答えは一緒で「やってへんで」という返事。。。

それに対しておじいちゃんは「男なら大学まで出とけ!」ということをいつも言っていました。

それはまだ良いのですが酔っぱらっているせいか、無茶苦茶なことを言い出します。

確か、夏の高校野球を見ている時の話です。

 

「強、お前もこのおにいちゃんみたいに甲子園に行け!!大学に行って甲子園に行け」って。

 

ね、酔っぱらっているでしょう(笑)

大学に行って甲子園に行けの意味がどんな意味だったのかよくわかっていませんが、厳しいおじいちゃんでした。

飲み過ぎで体を壊したおじいちゃん

おじいちゃんは、朝からお酒を飲んでいたこともあり、体が大仏さんみたいな体型でした。

そんなおじいちゃんは、ついにお酒の飲み過ぎで体を壊してしまいます。

何回か入退院をくり返していたこともあるのですが、とうとうどうにもならない時期が来てしまいます。

先生から「今夜が峠かもしれないので会わせたい人がいるなら呼んで下さい」と言われたようで、ボクはおじいちゃんがいる部屋に呼ばれました。

テレビでしか見た事がない光景でどうやって対応したらいいのかわからない状態のボク。。。

ボクらが集まる前におじいちゃんとおばあちゃんは二人きりだったようなのですが、おじいちゃんはおばあちゃんにこんな言葉を言ってました。

 

「酒ばかり飲んでいて、お前に迷惑かけたな。たくさん迷惑かけて本当にすまんかった。今までよくつき合ってくれてありがとう」って。

 

おばあちゃんは「まだまだ、迷惑かけていいんだから頑張ってよ!」と励ましていたみたいです。

そして、おじいちゃんはみんなが見守るなか、亡くなりました。

厳しかったおじいちゃんの一番の思い出

 

会うたびに「勉強しろ」「男なら大学に行け!」「大学に行ったら甲子園に行け!」と厳しかったおじちゃんですが、おじいちゃんとの思い出でいまだに覚えていることがあります。

 

 

お盆での出来事。

 

 

仏壇に供えてあったはずのワンカップのお酒をおじいちゃんは飲んでいました。

 

 

そこでボクに「おーい強!お前もこれ食うか?」とお菓子を差し出してくれたのですが。。。。

 

 

「おじいちゃん!!!それ仏さんに供えてあった砂糖菓子やん!!」

8367ce3b8afe907e262daf67119e6104_s

おじいちゃんとの思い出は、厳しいおじいちゃんだったにも関わらず、めっちゃ甘い仏さんの砂糖菓子を食べていたことです!!
兵庫バルーンアート・パフォーマーつよっさんのブログはこちら!!
介護タクシー開業支援の公式ホームページはこちら!!

世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ/>


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら