2016/08/18

自分の子どもが夏休みの宿題をしているのを見ると、自分の小学生時代を思い出す。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

夏休みも中盤になってきました。

小学生のお子さんを持つ親ならそろそろ「アンタ!まだ宿題していないの!」なんて声が聞こえてきそうですね。

うちもその一人かもしれません。

小学生の夏休みは何のためにあるのか?

これは調べたわけでもなく、あくまで持論ですが、小学生の夏休みは「たくさん遊んで楽しく過ごすためにある」と思っています(笑)

宿題するためなんて本気で考えてたら、どこの子どもさんも夏休みなんて大嫌いになるでしょう。

子どもたちからすれば、夏休みの位置づけは「たくさん遊んで楽しく過ごす為にある」と思っているから、夏休みになったらウキウキするわけです。

僕も子どものとき、そういう感覚でしたから。

親の立場からすると、遊ばしてばかりじゃいけない!?

先ほど書いたように、夏休みって「たくさん遊んで楽しく過ごす為にある」と思っています。

しかし、親の立場からするとそうも言ってられません。

夏休みの我が家は戦場です(笑)

何故なら、夏休みの目的である「たくさん遊んで楽しく過ごす為にある」ことを達成させようと思ったら、学校から出されている宿題をしなければいけないのです。

そして、その宿題をきちんとしていないと2学期から楽しくない学校になってしまうからです。

我が子には楽しく学校に行って欲しいので、宿題をさせようと必死です(笑)ちなみにそのパートの大半は嫁さんが担当してくれていますが、いない時は僕も目を光らせています。

宿題の量が半端ないが、それを当たり前にできる大切さ。

我が家には、小学4年の娘と6年の息子がいます。

そこで宿題の量を比べてみると、4年の娘の宿題の量の方が多いのです。

今日は朝8時から11時までほぼ休憩なしで計算をしていた娘。

IMG_8541

それでも、まだまだ宿題は終わりません(笑)

ありがたいことに、娘は自分で宿題をしてくれるのであまり困りませんが、子どもがわからないから教えてと言われた日には、親も大変だろうなと思いました。。。

先生によって宿題の量は違うかもしれませんが、ある程度出されていた方が、メリハリのある夏休みになるのではないかと思います。そして、これらを当たり前にしていくことによって、2学期が始まってもきちんと勉強に集中出来るのではないでしょうか。

僕の小学生時代は。。。

かくいう僕の小学生時代はというと、全く宿題をしていませんでした。

朝10時からでないと外出してはいけませんでしたが、近所の本屋に行き、マンガの本を立ち読みに行っていました(笑)

そんな感じですごく余裕をかまして夏休みを過ごしていたのですが、最終日くらいになると母親からよく怒られたものです。

なぜなら、母も親としての責任がありますから、ノート等のチェックをするわけです。

そして、適当に宿題をしているノートを見て、大激怒なんてことがよくありました。

夏休みの目的を達成する為に。。。

夏休みは、「たくさん遊んで楽しく過ごすためにある」と書きました。その目的を達成する為に、午前8時から10時まではきちんと子どもに宿題をしてもらい、そこからは好きなように遊べと言いたいものですね!

そして、後半には夏休みの本当の楽しみである「家族旅行」。

これを達成のプレゼントとして提供出来ればなんて思っています。

久しぶりにブログを書いたので、カスブログになってしまいましたがこれでも必死です(笑)

ちょっとブログのリハビリをしながら、段々と皆さんのお役に立つような記事にしていきます!!

 
ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ/>


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら