淡路島の観光☆玉ねぎに対する覚悟が半端ない!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

皆さんは淡路島に行ったことがありますか?

そして、淡路って言えば、何を想像しますか?

瓦?牛乳?淡路恵子?どれを想像してもいいのですが、今回はあるものにスポットを当てて紹介していきます。

淡路島に行くなら、一度は体験してみたかった「たまねぎキャッチャー」

淡路島って何があるんだろうって正直思っていました。

同じ兵庫県でありながら、一番離れている地域ですし、これと言って特に興味がありませんでした。

しかし、本やネットで検索するととんでもないものが出てきました。それが「たまねぎキャッチャー」だったのです。

IMG_8981

僕はこれをネットで見ただけで淡路島にめちゃくちゃ行きたくなりました(笑)

それで淡路島に行ったなら絶対にここには行きたいって思ってしまいました。

実際にやってみたのですが、これが結構はまります。ここだけの話ですが、このたまねぎキャッチャーに1,000円くらい使ってしまいました(笑)

でも、家族みんなで楽しめたのでとてもよい思い出になったことには違いありません。

妻曰く「たまねぎが欲しいのではなくて、このたまねぎキャッチャーで獲ったたまねぎが欲しいってことだな」と僕がいつもマーケティングのセミナーで聞くようなことを言っていました。

でも、間違いなくそれです。

SNSにアップしたくなる仕掛けがたくさん!!

今回は、大鳴門橋記念館に行って来たのですが、なんともSNSに投稿したくなる仕掛けがたくさんあったような感じです。

まず、あわじバーガーと呼ばれるハンバーガーです。

IMG_9006

見て下さい!このマンガに出てきそうなハンバーガー。でもこれってセットで1,300円くらいしていたのですが、4人家族で軽く数千円使ってしまいました。でも、せっかく観光に来ているんだし、ここで有名なものを食べて投稿しようって思ったのです。

それでテーブルにはこんなものが置いてあるのです。

IMG_9010

もちろんインスタグラムに投稿しましたし、ハッシュタグもアドバイス通りつけました。

Facebookに投稿すると、何人かの人が「どうやって食べるの?」と聞いて来たのですが、実際はこんな感じです。

IMG_9008

ウケを狙ってこんな顔をしているわけではありません。こういう食べ方をすると、こんな顔になってしまうわけです。

食べっぷりコンテストなんかあると面白いかもしれませんね!

あまりの大雨のため、撮影し忘れましたが、巨大なたまねぎのオブジェもありました。

このように、SNSに投稿したくなる仕掛けがたくさんあるというのは、本当にすごいです。

恥ずかしがり屋の僕でさえ。。。。

IMG_8992

たまねぎのかつらを被っての撮影です!!そして、こんな姿をFacebookにアップしておきました(笑)

 

そりゃね、こんなカツラがあれば、被らないと損ですよ。

IMG_8994

 

PRの仕方がめちゃくちゃ楽しそう!

淡路島のたまねぎに関するPRの仕方がめちゃくちゃ楽しそうだなと思いました。

こちらのサイトをご覧ください。

公式 おっタマげ!淡路島

サイトの作りもそうですが、ぶっちゃけている感じです。

見ていてとても楽しそうで、たまねぎくらいでここまでするか!!!って言うのが見たときの感想です(笑)

きっと普通のPRの仕方ならここまで僕も楽しめなかっただろうと思います。

 

ポップの書き方がユニーク!

ここだけの商品ってよくありがちなキャッチかと思いますが、なんとなくこの書き方を見ると欲しくなりました。

実際に買って帰るととても美味しかったです!

IMG_8996

 

「わけあって売れてます」このキャッチも好きでした。そりゃそうだろって話ですが、一つひとつに何か魅力を感じてしまうフレーズでしたね!

IMG_8997

 

「たまごじゃないのよ プリンなの」こんなの美味しいに決まっているでしょう!!!


IMG_8999

 

淡路島は単なる観光だけじゃなくて勉強にもなる!

今回、淡路島に観光に行って来たのですが、単なる観光だけじゃなくてとても勉強になりました。

淡路の観光PRの仕方が半端ないです!!

たまねぎでこんなに熱くPRが出来る淡路島がとてもかっこいいです!

僕が住む香美町では、但馬牛、カニ、魚、米など色々と自慢が出来るものがたくさんあります。

PRの仕方次第で今ある現状よりさらにかっこよく、そして魅力ある商品になるのではないかなと思います。

こうやって色々なところに旅行に行き、他の地域の観光PRの仕方を学んでくることも大切なことじゃないでしょうか。

淡路島が半端ない。

そう思った観光旅行でした。


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら