介護業界は福祉の心よりテクノロジーが必要。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

今年二回目の記事です。

せめて三日坊主と言われるように三日間はブログ更新を続けたいと思います(笑)

僕は介護タクシーをはじめて、今年で10年目を迎えます。

節目の年でもあるので、何かしら思い切ったことをしようと思っています。

さて、10年近くもそのことをしていると、いろいろな気づきがあります。

気づくか気づかないかは、その人の感性でもあると思いますが、僕は10年介護タクシーをしていて感じたこと。

それは、今の介護業界に必要なものは「福祉の心」ではないと思っています。

賛否両論あると思いますが、僕はそう結論づけています。

今回はこのことについて書き上げていきます。

介護や福祉という言葉は表向きにはとても綺麗。

介護や福祉の仕事に従事しているということを聞くと、とても聞こえがいいように思えます。

確かにやりがいはあるかと思いますし、人のお役に立てるといった面ではとても良い仕事です。

そして、何より、社会から必要とされている仕事であり、これがなくなると今の日本は大変なことになってしまいます。

ただ、これらの仕事の背景には、とても過酷で時にはダークな部分があると言えます。

「そんなことあるわけない!」と言われる人はいないでしょう。

何故なら、施設や家庭で虐待もあるわけですし、介護職の離職率だって問題となっています。

離職率で補足して言えることは、Aという介護施設をやめた人は、今度はBという介護施設に変わっただけということもあるので、実際のところ正確な離職率というのは、どうなんだろうなという疑問点があります。

まあ、何かしらのことが原因で離れていく人だっていると思うのですが、その一つに「過酷な労働」というものがあると言われています。

そうなんです。

一見、聞こえの良い仕事ではありますが、現場は壮絶かつ過酷な労働と言えるのです。

人の力で介護をするのは、必要最小限で良い。

今の介護業界で言われているのは、人手不足なんて言われています。

これから来るであろう2025年問題。

今のままで対応できるかというとできるわけがない。

そもそも高齢者の人口の分母が大きい上に、介護職のなり手がないとなったらもうお手上げです。

今よりはるかにきつい労働が待っていると思います。

そうなると、一人当たりの介護職員の負担は増え、体力的に精神的に参ってしまうでしょう。

さて、そんな状態で経営者、上司は自信を持って「介護業界に必要なのは福祉の心です」なんて言えるでしょうか。

これって気持ちに余裕がないと言えないです。

だから、これからの介護業界はどんどんと手を抜いていけばいいんです。

「人がするんだからいいんじゃないか!!」って言われそうですが、僕はそれは日本人がやってしまいがちな美化しすぎな話なんじゃないかと思います。

人とロボット、どちらに介護されたい?と聞くと、ほとんどの人が「そりゃ人だろう!」っていうかと思いますが、ここで質問です。

僕みたいなおっさんにお尻を洗ってもらうのとウォシュレットどっちがいいか?

さて、皆さんならどっちでしょう?

ウォシュレットの方が良くないですか?(笑)

このことについては、落合陽一さんが書かれていました。

若干、極端な話ではありますが、なるほどなと思いました。

機械やロボットでできるところはどんどんと取り入れていき、効率化を図っていかないと、超高齢化という時代の波に淘汰されていくでしょう。

今の僕には、ロボットも作れませんし、AIだって開発する能力もありません。

便利な道具や機械を取り入れたり、効率化が図れるシステムを考えたり、そんな大きなこともできません。

唯一、僕が出来ることといえば、心身が衰弱しそうな人を見つけ出して、その人たちの気分を緩和することは可能です。

胡散臭いですが、催眠療法士ですから(笑)

これはロボットでは難しいことです。

ロボットやAIで出来ることはどんどんと取り入れていき、人にしかできないことは人がする、これからはこういった考えが必要じゃないかと思ったりもしました。

 


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら