介護タクシーを開業する時に必要な物☆ドライブレコーダーは必需品!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

やばいです。

完全に寝不足だったのでうたた寝していたんです。

目が覚めたら夜中の2時。。。。

昨日のブログ更新していなーい!!

そんなわけで今日は二回ブログを更新します。。

皆さんは、車にドライブレコーダーというものをつけておられるでしょうか?

えっ?ドライブレコーダーを知らない?

そんな人のためにざっくりとだけ説明しましょう!

これをつけて走行していると、走行中はずっと録画状態になります。急ブレーキや急ハンドルといった普段の走行より急な行動が起きた場合に、その行動が起きた時から25秒前、その行動が起きた直後から25秒後が保存をされるようになっています。

最近のドライブレコーダーは、GPSがついていたり、色々な機能がついているものもあるみたいです。

ちなみに僕のレコーダーはずっと録画していて、ずっと保存されています。

つまり、走行中の全ての映像が残っています。

時間で言えば6時間くらいのデーターが残るんです。

ただし、駐車中はエンジンが停止しているため録画できませんが、中にはバッテリーが別になっていて夜間や駐車中も録画できるものもあるようです。

僕がはじめてドライブレコーダーをつけたのは、10年くらい前です。

そのときのものと比べたら性能が違って来ていると思います。

どんな機能があるものにしろ、万が一に備えて自動車につけておくほうがいいでしょう。

たった10,000円あれば、装着ができるんです。

いや、結構なお金ですが、10,000円以上の価値があり、つけておくことによって万が一の際にも心強い味方になってくれるはずです。

以前、横からぶつかってこられた際に、どのような交差点で、速度で、タイミング、相手の過失などいろいろな証拠が動画として残りました。

その結果、保険屋さんに説明するのが大変楽だったんです。

速度や相手の過失の有無は動画でないとわかりませんからね!

人間の記憶という物は、かなり曖昧な物だと思います。

警察や保険屋さんに説明していると、段々記憶が薄れて来て「本当にこのタイミングだったかな?」なんて感じになることも。。。

だから、利用者さんを乗せる介護タクシーにはドライブレコーダーは必需品なのです!
ブログランキング参加中!
下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら