地域の病院「公立香住病院」の重要性☆介護タクシーの現場から思う事

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんばんは!もう寝てらっしゃる方もおられると思いますが、頑張ってブログを書きたいと思います!

昨年末からひいていた風邪が気になるものですから、近くの「公立香住病院」に行ってまいりました。

咳が長引くので気管支から来ているのかと思ったら、副鼻腔炎というはじめてかかった病気でした(笑)

ひどい人なら入院して治療が必要だとも言われましたが、今回は大丈夫そうです。。。

さて、普段は介護タクシーの仕事でしか行かない病院。

いざ、自分が診察してもらうとなればちょっと緊張します(笑)

そして、病院の患者さんをみると30代の方はおらずみんな60歳以上の方ばかりでしょうか。。

今から12年ほど前、僕が香住町時代に引っ越して来た当初の香住病院は、産婦人科もあり、手術も出来る状態でした。

しかし、今は診療科も減り、「香住病院はだめーだ」なんて言われたりすることもあります。

今日、患者として行って感じた事は「香住病院が無くなったら絶対にこの町は大変なことになる」ということです。

普段、介護タクシーとして行っているときもお客さんから「香住病院がなくなったら困る!」なんてことを聞きます。

そうなんです。

近くに病院があるから助かっている人はたくさんいるわけで、無くなったら本当に困るんです。

患者さんの移送をしている僕が言っているので間違いありません。

なんで無くなったら困るという話題になっているかと言うと、常勤医師が定年になっており、なんとか無理を言って香住病院にとどまってくれているようです。

しかし、先生たちにも限界があると思っています。

どうにかして、この病院が現状維持以上の状態に出来ないかと考えました。

民間の僕が出来る事は、医師確保です。

鼻で笑われそうですが、このブログをどこかの医師が見て、「この町に来てもいいかな」って思えるような仕組みを作りたいのです。

近いうちに「さくら搬送サービスの介護タクシーブログ」に医師募集というページを作りたいと思います。

役場や病院が募集をかけているページより更新率もあげます。

何でも楽しんでやってみる!

2015年のつよっさんの第一弾の取り組みはそこからです!!

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら