意外と知らない右折の違反☆介護タクシー独立開業資格講座

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

みなさんおはようございます。

今日は曇りです。こういった時の運転は、昨日みたいな晴天時と比べると視力が落ちてしまい、危険の発見が遅れます。

だから、すこし速度を控えて運転することをおすすめします。

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

また、疲れているときや高齢になると、速度感覚が鈍くなります。このため、速度超過になったりするので要注意なのですが、対向車の速度感覚も鈍くなります。

つまり、交差点での右折車と直進車の事故を引き起こすきっかけになりかねません。

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

さて、今回はその右折車と直進車の事故、右直事故のきっかけとなる違反について書きます。これは誰でも普段していそうな違反で、僕が住んでいる香美町香住地区でもこれで切符を切られた瞬間を見た事があります。

e7bbe5be570d55226e65e18b18486cb2_s

どういったケースなのか紹介したいと思います。A車は長い急な坂を下って大きな交差点に向かってきました。しかし信号は赤です。

また、対向車となるB車はこれから直進をするため信号待ちをしています。B車の後ろにはパトカーがいます。

そして、A車が交差点の手前の白線に来る直前に信号が青に変わったのです。A車は速度をあまり落とさず、直進するB車より先に右折をしたのです。

それを見たパトカーは、すぐに赤色灯をつけてA車を停止させたのです。

これはA車が道交法違反になります。

84a76c5901ee455e99ddb878c75f79e1_s

道交法の第37条
「車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。」

「交差点優先妨害」という違反です。試験場の試験なら「進行妨害」という違反で一発で検定中止となります。

bf1793bdf83e9fe43159c22cd326920b_s

日頃何気なく対向直進車より先に右折している車両がありますが、タイミング悪ければ立派な違反として成立してしまうのです。

ただし、対向直進車と明らかに距離があり、自車が先に交差点の中に入り、右折しても妨害にならない場合には、「時機をとらえた発進」ということになります。

どちらにしても相手を思いやる気持ちで運転をすれば、そういった違反にはならないということです。
世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!(全国介護タクシー開業サポートでも検索可能)

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら