PTA会長の挨拶の中身は手抜きしてます☆伝える部分は本気です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、ボクの子どもが通っている小学校の運動会でした。

全校児童数が60人という小さな学校です。

そんな小学校の運動会で僕はPTA会長という立場上、来賓として出席をさせていただきました。

かなり遠くからの撮影ですのでわかりにくいですが、白いジャージが僕です(笑)

14358677_884222148377500_4951423649254255618_n

PTA会長としての仕事は挨拶。

PTA会長になれば、よくまわってくる仕事が挨拶です。

各行事ごとに挨拶をしなければいけないので、聞く方もきっと飽きていると思います(笑)

この立場でこんなことを言うと語弊があるかもしれませんが、はっきり言っておくと僕は基本的に入学式、卒業式以外の挨拶に力を入れません。

無難な挨拶にして、そして短く終わるようにしています。1分以内です。

14344935_567386760136412_8108928849336899367_n

小学校の行事の大半は子どもたちが主役ですし、そんな子どもたちを飽きさせない為にも手短に終わらせるほうがいいということです。難しい挨拶は他の来賓の人がしてくれますしね。

ただし、何の魂もこもっていない挨拶ではなくて、挨拶の中で余計な持論を述べたりしないということでして、「皆さん頑張って下さい!!」「保護者、地域の方々、子どもたちの応援を力一杯してやってください!」というようなところでは、本領発揮をして思いを込めて伝えるようにしています。

文章を読み上げる話し方ではなく、下手でも思いを伝える話し方にしよう!

僕は運動会などの行事では挨拶の文章を書くようにします。

でも、あまりそれ通りに言おうとしてしまうと、文章を読み上げるような話し方になってしまい、伝えたい相手に伝わらないようになってしまうかもしれません。

ですから、僕は挨拶の文章を書いてから3回ほど通して、ここだけは絶対に伝えたいというところだけは練習でも気持ちを込めて言うようにしています。

全てを完璧にしようとすると、余計な緊張をしてしまいますし、聞いている人の多くはあまり話を聞いていないかもしれません(笑)

少々下手でも自分の思いを伝えれる話し方をするようにして、1分以内で挨拶をすればビシッと挨拶が決まります。

念のためですが、余計なアドリブは禁物です(笑)途中から自分の着地点を失ったら最悪ですので、やめたほうがいいです。

本当に聞いて欲しいときは、言う前にタメる!!

僕がよくする話し方としては、「ここは絶対に惹き付けたい!」と思う場面では、タメます。

入学式のときも3秒くらいタメたのですが、ほぼ全員の人がこちらを向いた状態になりました(笑)

なぜ、全員向いたのがわかったのかというと、3秒くらいかけて全員がこっちを向いたのを確認してから次の言葉を発するようにしたからです。

この方法はどんな挨拶の時でも使うわけではなく、ここぞという場面の挨拶で使うようにしているので、毎回使ってしまうと効果がないかもしれません。

まとめ

基本的に僕の文は手抜きです。

必死に考えて数分の話をするより、直感で伝えたい事を紙に書き出して、その文中からこれだけは絶対に外さないというキーワードを覚えておいて、あとは1分以内にまとめると言った感じです。

練習は1分の挨拶なら30分くらいしています。

特に力をいれていません。

1分の挨拶の中で本気で伝えたいところだけ、声を少しだけ大きくしてバシッと決める。

僕のどうでもいい挨拶の仕方を今回は書いてみました。

参考に出来る方はしていただければと思います。

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら