2014/12/23

介護タクシーで困ったこと☆起業して二年はこんなことで悩みました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

さあ今日は豊岡市のアイティさんで行なわれるイベントに出演させていただきます。

すごい方が来られるんですよ!

なんと今話題の「日本エレキテル連合」さん、笑っていいともの水曜レギュラーだった「ウェストランド」さん、三年連続出場の「レネット」さん、そして、つよっさんです(笑)なんかこのメンバーの中に入れていただいて申し訳ない気がするのですが、なにげにバルーンをはじめてからずっと呼んでいただいています。

ものすごく感謝をしております。

 

 

さて、今日は介護タクシーで困ったことを書きます。

起業してから二年は悩みがあるわけですよ。いや、僕自身、そこまでの悩みではなかったのですが、同業者さんからこんな悩みを聞きました。

「他の介護タクシーの業者さんの料金が安いためにうちにお客さんがまわってこない」とのこと。

この件については何度か書いているかもしれませんね。。。

でもそれだけこの業界に限らず、値段の競争ってあるわけですよね。

その競争に巻き込まれないためにも独自性を持つ。

でも、それって努力が必要だったりするわけですよ。

その努力の仕方がわからず、ついつい自分も値段を下げてしまう。

僕はね、何も同業者に合わせる必要はないと思うのです。

自分のところはこうだ!と強い気持ちを持っていれば少々値段をさげられてもやっていけますよ。

でも、値段以上の価値がないとお客さんは来てくれないと思うので、そういった努力は必要かなと思います。

僕は、利用される方は大好きですのできちんと対応をしているつもりです。

それだけじゃないです。

利用されていない方にもきちんと対応をしています。

それは、「うちを使うまでに行かない人が困っていたら補助をする」ということです。

玄関前で車いすの方を車に乗せようとされていたら、タイミングがあえば出来るだけ声をかけるようにしています。

つまり、利用されている方であろうが利用されていない方であろうが、困っている人をみかけたら声をかけたらいいんです。

行動は十分に気をつける必要はあります。でも声をかける。

これをするだけで「あっ、声をかけてくれる人がいるんだ」と安心してもらえればいいと思います。

起業して少しの間は料金の競争に巻き込まれてどうしようかって思っていた人にこのことを話すと納得をしてくれました。

損得勘定だけをせずに、時には奉仕の考えで動けば利用者さんは次第に増えて行きます。

もし、介護タクシーをされている方で価格競争に巻き込まれたならご連絡ください。

新しい発想が出てくるかもしれません。。。

 

 
ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら