介護タクシーを開業するときに一番にすること☆さくら搬送サービス流

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

今日は介護タクシーの開業に関して書きます。

タイトルのように「介護タクシーを開業するときに一番にすること」ですが、

うちに相談してください(笑)

冗談です。

まず、自分の住んでいる地域が開業していい場所かどうか確認する必要があります。

資金を確保できるかも大事です。車庫、洗車場も確認が必要ですね。

実際に行動しなければいけないことは、二種免許の取得です。

それを取得出来次第、開業に向かわれるといいでしょう。

ちなみに二種免許は三週間くらいで取得できると見込んでいいですが、教習所に通う場合、繁忙期といって12月から4月くらいまで高校生でいっぱいなので少し時間に余裕をみたほうがいいです。

取得出来たら、申請書の作成です。これは行政書士に頼むのもいいですし、書き方くらいなら僕でも教える事ができます。ただ、僕は行政書士ではないので、書類に直接記入することは違反なので、書き込むのはご自分でしていただかないといけません。申請書はA4用紙数十枚といったところでしょうか。ここでかなり頭を使います(笑)この時点で車種も目星をつけておきます。

申請書の中で見積書や仕様書などを添付しなければいけないので、車種が決まっていなければスムーズに事がすすみません。

次にすることですが、申請書が完成出来次第、管轄の運輸局に提出します。一度で申請が通るとはあまり思わないので、何度かやりとりをすると思います。

申請してから1ヶ月後に一部の地域を除いて、運輸局で法令試験があります。資料持ち込みOKですので、あらかじめ勉強はしておいて資料を見ながらテストに向かうという感じですね。ただ、この資料はあまり世に出ていません。

当然、本屋さんにもありません。交通実務六法の中にある道路運送車両法からでますが、かなり数があるのでまとめてある資料を見る方が早いはずです。その資料は、当社がまとめて作成しているのでそれを持ち込んでいただくことになります。

かなり、見やすいものになっており、今のところ、合格率100%です。

試験に合格すれば、次にすすめますが、不合格になれば翌月の試験となります。ここは一発で通りたいところですね!

さきほども書いたように、資料の持ち込みが可能ですが、旅客運送を経営するなら当たり前のことを勉強するので、必ず覚えておいてください。

まずはここまでを書いておきますね!

 
下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら