高齢者講習での出来事☆必死になると英語になる☆半ドアを直す

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

今日の夕陽は最高でした!!

IMG_8860

日本の夕陽百選にも選ばれているだけのことはあって、たいへんきれいな夕陽でした。

こんな香住ではあと2日で松葉ガニが解禁となります。

これでにぎやかな町となりそうです。

さて、今回のブログは教習所時代に高齢者講習をしていたときのことです。

今の高齢者講習のシステムとは少し違いますが、講習の内容で受講者の方に運転を見せてもらう時間があります。

色々な受講者の方がおられるわけですが、 そのときはかなり耳の悪いおじいさんを担当していました。

耳が聞こえにくい人っていうのは、教える方としては少しだけ都合が悪くなります。

なぜなら、指示通りに動いてくれませんし、とっさの対応もしてもらえにくいのです。

bf1793bdf83e9fe43159c22cd326920b_s
しかし、そんなことで手間取っていたらこちらもいけないので決められた時間内にスムーズに行くように進行をしていきました。

運転の時間に、1台の講習車両に僕が助手席、運転する受講者が運転席、あとの受講者は後部座席に乗ります。
運転席に乗ったおじいさんは運転席のドアをガチャと閉めました。

しかし力が弱いため「半ドア」の状態です。

あら〜。。。

kangaeru

僕「あっ!半ドアですよ」 

おじいさん (耳が聞こえないため無視)

僕「ドアきっちり閉めてください」と耳元で言う。 

おじいさん「はあ~…?」

僕「ドアが開いてるんですよ!もう一回ドア開けてください!!!!」 

おじいさん「ドアは閉まってますよ~…」

僕「そうじゃなくて開けてください!!!!」 (必死)

おじいさん「わっはっは」何故か笑いだす。

僕「ドア開けて!」(だんだんイラいてしまってやや大声) 

おじいさん「よく聞こえませんのですわ~」 とめっちゃ笑顔。

僕「開ける!!ドア開ける!!」だんだん口調がきつくなる。 

おじいさん「え~ドアが何でしょう?」

僕「ドアを開けてください!!」かなり大きな声になっています。 

おじいさん「ドア、ドア…」とまどってる様子。

僕「早く!!オープン!!!」

必死で出た言葉が英語のOPEN。

 

(ガチャ) 

815085d693750a653fe10f8a7b3d3b8d_s

英語が通じたんかい!! WWWW

多分まぐれでしょうがあれだけ日本語で叫んでいたのに、英語でオープンと思わず言ってしまった瞬間にドアが開きました。

みなさんどうしても言葉が通じないときは英語を使ってみましょう(笑)
世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!(全国介護タクシー開業サポートでも検索可能)

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら