無関心なラルクアンシエルのライブに行くとファンになってしまった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

僕はこれまでに2回ほどライブに行ったことがあります。

一回目は1999年7月17日に大阪コスモスクエア特設会場で行われたラルクアンシエルのグランドクロスツアー。

二回目は何年なのかちょっと調べていませんが、イエローモンキーが解散するときの大阪城だかどこかでのライブ。

この2つのライブを楽しんだわけですが、特に印象的だったのがラルクアンシエルのライブでした。

全く興味がなかったラルクアンシエルのライブへ。

僕がラルクアンシエルのライブに行ったきっかけは、知り合いがチケットを持っており、どうしてもいけなくなったということでその知人から譲ってもらったからです。

もう一枚余っていたということでしたので、友達を誘って行くことにしました。

それも割と良い席で、ファンクラブの人たちがたくさんいるような席でした。それも僕と友達はラルクアンシエルに興味がなく、男二人で。。。。

全く興味がなかったラルクアンシエルですが、当時はやっていた曲で、HONEY、花葬、侵食、そしてドライバーズハイの4曲は知っていました。

若干引いていたライブだが、段々と惹かれていった。

ファンクラブの人たちがたくさんいる席だけあって、魔法使いみたいな格好をした人やコスプレをした人たちがたくさんいました。ちょっとついていけない気もしたのですが、ライブが始まる時、ラルクアンシエルの登場の仕方にとても驚きました。

どこから出てくるのかと思いきや、ステージの下から忍者のように飛び出してきたのです。

それを見て「かっこえええええええ!!!!」となり、曲も知らないですが、とても気に入ってしまい、その日からラルクアンシエルのファンになってしまいました。

とは言っても、ファンクラブに入るとこまではなりませんでしたが、20代前半はラルクアンシエルの曲ばかり聞いていたり、カラオケに行ってもラルクアンシエルの曲ばかり歌っていました(笑)

演出一つやその場の雰囲気でファンになってしまう魅力がライブにはある!

その時は、ラルクアンシエルのライブでしたが、不思議なものです。

ライブに行くまで全く興味がなかったのに、ライブで曲を聞いてからとてもはまってしまうって。。。

そう考えると、単にCDを聞いているだけでなく、以前のセミナーの記事「ブログを読んでいるだけでは物足りない。やっぱり直接に話を聞いてみたいもの。」でも書きましたが、ライブに行き、体験することによってファンになってしまうのだと思いました。その場の雰囲気ってものすごく大切ですね!

どうでもいい話しだが、一番思い出の曲は「ドライバーズハイ」。

一時期、ラルクアンシエルの曲ばかりを聞いていた僕ですが、一番思い出の曲はドライバーズハイというアニメ「GTO」の主題歌にもなっていた曲です。

クルマのエンジン音から始まって、スピーディーなメロディ。めちゃくちゃかっこよくてカラオケに行くと、今でも歌います(笑)まあまあ声も高く出るもんです。。。

それで何故思い出の曲かというと。

この歌を歌いながら、運転をしていたら速度違反で警察に取り締まられたことがあるからです!

クルマを運転する皆さん!聞いている曲で速度が上がってしまうこともあるので気をつけてくださいね!

 


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら