催眠術を始めた理由☆胡散臭いけどヤラセではないのが真実

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

最近よく聞かれます。

「今西さんってなんで催眠術を始めたんですか?」

僕が何かを始めるときっていうのは、「なんとなく」という理由が圧倒的に多いです(笑)

そこまできちんと考えれる方でもなく、考えたところで正解を出す自信がありません。

ただ、言えることは「直感」で動いていて、動いたあとに考えることがほとんどです。

そもそも、なんで催眠術にたどりついたのか?

そんな話を書いていきます。

手品を始めることになった昨年のハロウィンシーズン

話がいきなり飛んでないか?と思われるかもしれませんが、この話は僕にとって重要です(笑)

実は昨年の秋に企業さんからバルーンショーをしてほしいと依頼がありました。

ただ、バルーンショーだけでなく手品もできるならしてほしいとのこと。

人前でする手品なんてほとんどしたことがありません。

ましてや、お金が発生するような手品なんて全くです。

だから、そういうのをやったことのある知人のプロマジシャンにお願いして、「手品を教えてください」と大阪まで習いに行ってきました(笑)

断るのは簡単ですが、出来そうならチャレンジしてみる方が楽しいと思うのです。

手品を習いに行ったのですが、実は手品を教えてくれたボンバー畑さんという方、催眠術もされる方なのです。

催眠術なんてヤラセだ!という気持ちがありながら。。。

ボンバー畑さんから手品を教わっていると、なんとなく催眠術の話になりました。

どんな話をしたか忘れましたが、どこで習えるのかを聞いたと思います。

僕の中で「催眠術=ヤラセ、胡散臭い」というキーワードがあったのですが、その割には面白おかしく話を聞けた記憶があります。

そこで僕の好奇心が高まり、「インチキかどうかお金を払って確かめてやろう。」と思い、話を聞いてから一ヶ月もしないうちに催眠術の申し込みをしました(笑)

催眠術のセミナーを習ってもヤラセ疑惑は晴れなかった

セミナーに行くと数人の生徒さんがおられました。

お互い催眠術をかけあうのですが、僕がかけると相手はかかり、相手がかけようと思っても僕は全くかからない。。。。

「ひょっとして、雇われているスタッフさんなのかな?」

そんな気持ちにさえなりました(笑)

そして、二回の講座を終え、実際に知人たちに試してみると。。。

「3つ数えると、あなたの手は開かなくなります。1つ2つ3つ」

何人に試してみても、何度やってもかかることがありませんでした。

「やっぱりヤラセだったんかー」

そんな気持ちもありながら、いろんなひとにかけ続けていました。

すると、僕の催眠術の概念を覆す時が来るのです。

事件は会議室で起こった!!!

豊岡市商工会青年部さんが企画されていたクリスマス例会というものがあり、その時にバルーンショーで呼んでいただいていました。

無事にバルーンショーが終わり、会議室で領収書を書いていると、担当の青年部員さんと催眠術の話になりました。

そこで催眠術を体験してみたいということになり、「あー、またかからないだろうな。。。」と思いながら、してみると。

「やばい!!手が開かない!!!!」

担当の青年部員さんはとても驚いた様子でした。

それ以上に僕も驚いたのはここだけの話です(笑)

「やばっ!かかってしまった!!ヤッター」と心の中で喜びの声を叫んでいましたが、僕の表情は「ねっ、開かないですよね?」と当たり前のように言っていました。

その人のおかげで「催眠術って本当にあるんだ!」と思ったのです。

催眠術をかけ始めて14人目の出来事でした。

催眠術がヤラセだと思うひと。

次はあなたの手が開かなくなるかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら