「時間があったら健診を受けに行こう」これでは遅い時がある!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

2017年になって二日目です。

こういった時になかなか避ける事ができないのが「暴飲暴食」です。

うん、これは避けれない。

先日、病院の先生から「ちょっと正月の食事は控えたほうがいいですよ」なんて忠告を受けたのですが、案の定食べてしまいました。しかし、お酒に関しては缶ビール1本、梅酒を2杯だけしか飲んでおりません。

結構、飲酒に関しては意識をした次第です。

さて、今日のブログは「健康診断の時期」です。

僕は毎年、カメラの検査をしてもらっています。

大腸や胃カメラの検査ですが、二年に一回、又は毎年受けるようにしています。

なんでこんな毎年受けているのかというと、父も母も早くで亡くなっているので、出来るだけそのリスクを回避できるように毎年受けるようにしているわけなんですね。

そこで今日は新年早々ですが、皆さんに余計なお世話な話をさせていただきたいと思います(笑)

それは、「この春までに出来るだけカメラの検査をしておいたほうがいい」ということです。

僕の知人でこれまでに2人ほど、検査をどんどんと先延ばしにしていて、症状が出た時には手遅れだったひとがいます。

一番最近では一昨年になくなってしまいました。

どうしても、何も症状がないときには「仕事が忙しいから」と言いがちですが、症状が出ると厄介な場合も多々あるわけです。

たかが1日です。

この一日を健康診断に使うだけで安心すると思いますし、万が一の際に「見てもらって良かった!」と思える場合もあります。

「そんなこと言っても仕事休めない!」と思っている方は大間違いです。

有事の際はもっと休まないといけなくなります。

そんなわけで町ぐるみ検診までに一度カメラの検査、エコーなど少しこれまでより細かい検査を受ける事をおすすめいたします。

正月2日目の記事はこんなところです。

では、2017年も健康に注意して頂き、楽しい年となるように願っています!


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら