転院の場合に注意しなければいけないこと☆介護タクシー独立開業

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

今日は朝から結構雨が降っており、ところによってはものすごい土砂降りの場所もありました。

そんな今日は転院のことについて書きます。

IMG_8316

転院とは、病院から病院に患者さんを移送することです。

 

この時に気をつけなければいけないことがあり、場合によってはクレームになることがあります。

実は僕も何度か経験をしています(笑)

92044e4021cf7fcf5d12aefbe2eb083f_s

それは転院先の病院に到着したあとのことです。

ひょっとすると、転院先の病院によって違うのかもしれませんが、

転院後、いきなり病棟に上がらずにまずは外来受付を通すということです。

17cfd3ed5819ac977c2c0e4c6d30b760_s

 

なれている人は当たり前と思うかもしれませんが、実は僕もうっかりしてしまったことがあります。

kangaeru

 

以前、病院に到着後、患者さんのご家族が受付を通り過ぎて、早々と病棟に上がられました。

ついついこちらも、あらかじめ何かの処理を全て終わらせているのかと思い、一緒についていってしまいました。

その場では何も言われませんでしたが、あとで病院から電話がかかってきて、

「今度からは受付を通してから病棟に上がってきてください」と言われました。

84a76c5901ee455e99ddb878c75f79e1_s

 

そういう注意はご家族だけではなく、介護タクシーの運転手の役割とも言えるようです。

転院先の病棟にはそのまま上がらずに、受付を通すこと。

もし、ご家族が受付を通さずにそのまま行きかけたら一声かける癖をつけておいたほうがいいですね。

本来、介護タクシーの運転手はそこまでする必要はないのかもしれませんが、一声かける親切心は

なんのリスクもありませんので、積極的に取り組んでいただければと思います。
世帯数6300世帯という香美町から全国へ発信する介護タクシー開業ブログ!兵庫、大阪、京都、鳥取、和歌山、奈良、滋賀、島根はもちろん全国どこでも伺います!!介護タクシーの開業・起業、介護タクシーに必要な資格の相談をするならさくら搬送サービス!(全国介護タクシー開業サポートでも検索可能)

 

兵庫県内のバルーンギフトなどもSakura Balloonで承っています。

お問い合わせは

0796−36−1918

 

ブログランキング参加中!

下記クリックで応援してください!!
↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ

介護・福祉タクシー ブログランキングへ


この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県香美町で『介護タクシーの開業、集客』の専門家として活動中! ミラサポや兵庫県商工会連合会、長崎県商工会連合会に登録し、マーケティングサルタントとして企業の相談などを行っております。また、介護タクシーの経営も実際にしております。 コンサルが出来る介護タクシー事業者として様々な事業所さんを支援中です。 (全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
詳しいプロフィールはこちら